読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母さん!!父さんはもう限界です😢 ~イクメン奮闘記~

共働き夫婦の忙しくも楽しい子育て日記

万博記念公園~太陽の塔を見に行きました~

お出かけ

f:id:taihenpapasan:20161205111211j:plain

皆さんご存知の太陽の塔

1970年の日本万国博覧会のシンボルとして、芸術家の岡本太郎氏がデザインし、作成されたものです。この塔には3つの顔があり、一番上にある「黄金の顔」は未来を、お腹のところにある「太陽の顔」は現在を、背中にある「黒い太陽」は過去を表しています。

f:id:taihenpapasan:20161205111303j:plain

 <結構きれいに写真が撮れてますねー。珍しい(;^ω^)>

 

少し前になりますが、家族でこの太陽の塔のある大阪府吹田市万博記念公園に行ってきました。少し寒い時期の上、天気も悪く、かなり寒かったです(>_<)

ちなみに、入場料は...

  • 大人   250円
  • 小中学生  70円 (日本庭園・自然文化園にも入れます)        

そのほかにも、いろいろと施設がありますが、それらに入るには別途入場料が、かかりますので、詳しくは、万博記念公園のHPをご覧ください。

http://www.expo70-park.jp/guide/fee/

園内で気になったのが、「森のトレイン」というガイドさんの案内を聞きながら、園内を一周してくれる乗り物が走っていました。写真を撮り忘れてしまいましたが、小さな子供がおじいちゃんおばあちゃんと一緒に乗っていて、すごく楽しそうでした。

 

  『太陽の塔』内部公開!!

少し前に発表されましたが、日本万国博覧会終了後、公開されていなかった(過去に何度か抽選で公開したことがありますが)塔の内部が、耐震工事と内部の修繕をして、平成30年3月に一般公開を予定しているとのこと!!

何度か、テレビなどで太陽の塔の内部が放映されたことがありますが、ものすごく興味がありまして、一度、内部を実際に見てみたいと思っていましたので、今回の発表は、非常にうれしかったです(^.^)

一般公開が始まったら、必ず行きますヽ(^o^)丿

本最大級の大型複合施設『EXPOCITY』

最近では、万博公園のすぐ隣に『EXPOCITY』ができた影響で、非常にこの辺りが賑わっています。

この『EXPOCITY』は、買い物、食事、遊びに加えて水族館『NIFREL(ニフレル)』があります。

この『NIFREL(ニフレル)』私たち家族が行った時は大人気で、ものすごく人が並んでおり、入れませんでした。次に行った時は絶対行きたいと思っています。

また『EXPOCITY』に行った時に、『NIFREL(ニフレル)』の詳細もお伝えしますねー(^.^)

 

超合金 太陽の塔のロボ

超合金 太陽の塔のロボ

 

 

1/144スケール 太陽の塔 塗装済み完成モデル

1/144スケール 太陽の塔 塗装済み完成モデル

 

 

コチラの記事も、ぜひお読みください<(_ _)>  

taihenpapasan.hatenablog.com